★名前のお話★

命名の由来とは別に名前には本来の「意味」がある、というお話。セバスチャンの巻。

セバスチャン(Sebastian)とは、ラテン語で「崇拝された人」。
3世紀のローマ帝国軍人で殉教聖人に列せらたセバスティアヌス(Sebastianus)に
由来する名前だそうです。(Sebastianのスペルは ドイツ語名デス。)

ラテン語の Sevastianus は、 man of Sebasta 「セパスタの町の男」の意味。
Sebastaとは、同じくラテン語の称号 Augustus (「尊敬すべき」の意)の
ギリシャ語訳 sebastos にちなんだもので
sebastos は majestic, magnificent, venerabl
(「威厳のある,壮大な」「壮麗な」「尊敬に値する」 )といった意味あいの語だそうです。
なんかとても荘厳な意味合いの名前みたいです。

セバスチャンはどうやら人外っぽいという事ぐらいしか詳細が明かされていませんが
「宵宮城征服」を企てて城に3人でやってきたうちの一人。
トリオの仲間は三つ目のヴィンセンシオとその弟のクリストファです。

ヴィンセンシオと
◆name◆
セバスチャン

◆type◆
M-bloody mist
Lati doll RED Line Limitted collection head

◆spec◆
body : Lati doll RED type body
normal skin

eye
グラスアイ14mm cobalt(default)
CDSグラスアイ ゼファーブルー14mm

◆birthday◆
2006/10/27 お迎え

◆others◆
薬剤師(魔術医療)

クリストファとヴィンセンシオと共謀して
宵宮征服を企てているらしい。
塔のDr.ルネの病院で働いている。らしい。