月の宵宮

〜2011/06までのメイク

                      ★名前のお話★

命名の由来とは別に名前には本来の「意味」がある、というお話。バァルの巻。

バァルの名は戦いを好む東方の悪魔バァルから拝借。
・・・なのですが、実際は、宵宮城のバァルの命名と設定にいたるまで、
少し込み入った流れが存在しています。

歴史的に有名なのは「悪魔」としてのバァルなのですが、
元々バァルは異教の神であり、「嵐と慈雨の神」でした。

しかしそのバァル信仰はキリスト教と対立。
「バァル ゼブル」(崇高なバァル)として崇められていたバァルを
キリスト教徒は嫌い、「バァル ゼブブ」(蝿のバァル)と嘲て呼ぶようになり、
「バァル」という単語が元々「王」を意味することから、
「蝿の王」(ベルゼブブ)と混同されるようになり、
中世以降は「悪魔バァル」として定着してしまったようです。
宵宮城のバァル君がどのバァルをイメージした名なのかは
サイト訪問者様に委ねるとして・・・こんな逸話もあります。

ウガリット神話では、最高神イルとアスタルトの息子。(笑)
また女神アスタルト(アシュトレス、アシュトレト)を妻とする神話もあります。
共に豊穣神です。

アスタルトもバァルも異教の神であったために時の流れと共に
聖なる書の上では「悪魔」として嫌われるべき存在と変わってしまい、
歴史に定着してしまったのは、とても残念。

ただ、名前のスペルもb'l だったりbaelだったりbaalだったり
崇拝されていた土地や時代よって変化しているので
混同されていたとはいえ別モノであったという解釈もでき・・・・・・・無理があるか。

(宵宮城のバァル君は伝説の内容で特定しないため Ba'alという中間のスペルにしています。)

◆name◆
バァル

◆spec◆
head:
教室A カスタム.
body:
SD 13少年 黒猫ルカボディ
UVピュアスキン/ノーマル肌ノーマル脚

eyes:
造形村グラスアイ 白灰 18mm

◆birthday◆
2006/02/12 お迎え
2006/04/09 降臨
2011/6/15 ぷちリメイク

◆favourite◆
魔術のお勉強

◆others◆
薔薇の妖精。仲間の安全と引き換えに薔薇食悪魔と契約。
そのためアシュトレト公爵ズの囚われの身でもある。
可愛がってもらっている様子だが一言も彼らとだけ口をきかない。