From J

オレはジョシュアだ 

ある日の夕闇の中で
独りぼっちのジャッカルと出逢った

魔の者だ

ジャッカルというのはオレがつけた名前
なぜならば、館の住人にするため

無垢な人間を破滅にいざなうのが悪魔の役目だとしたら
オレはきっと悪魔なのだろう

髪をのばしたのもオレ
なぜならば、人目を欺く為

しかし何が正しくて何が間違っているかなんて
一体誰に審判できようか

オレは人を一人、神の残酷な御手から救ったのかもしれない

闇が悪いものだと決め付けたのは誰?

それは神の奸計

オレたちのような闇の者にとって光が眩しすぎるのも
オレたちよりももっと大きな力の謀略

翻弄された闇は地に潜み、静寂の中でじっと現(うつつ)を見続ける

もしも天使が悪魔を誘惑したとしたら

闇は躊躇うことなく天使を受け入れ地に堕とすだろう
そこには 謀り事など存在しない

このいつまでも醒めることのない悪夢は

本当は とても純粋で 優しいものだから

ジャッカル&ジョシュア

二人は宵宮城の住人ではありません。
詳しいエピソードは、魔界の入り口より別館へどうぞ。

入り口はお探し下さい。