2014/09/27
抱きしめたい


ワカ「おや???こんなところにクマのぬいぐるみが。」
フローリアン「ホントだ!!」





フローリアン「みて!可愛いよー!!」
ワカ「こらこら、また中に何かヘンなヤツが入ってるかもしれないぞ。」
フローリアン「大丈夫だよー。」
ワカ「だって『宵宮城』だぜ。急に動き出すかも!」
フローリアン「ないない。」





フローリアン「ほら、普通のクマだよ。可愛い〜〜!!」




ワカ「お、お、おまえのほうが可愛いけど。」
フローリアン「そう?」←ちゃんと聞いてない





フローリアン「かわいいなぁ、連れて帰ったらダメかなぁ〜。」




むぎゅ〜〜〜



ワカ「・・・・・・・俺もハグしてもらいたいぜ。」(ぼそ)




フローリアン「いいよ。」
ワカ「えっ!!!!」





フローリアン「はい、クマ。君が可愛いもの好きだって意外だな〜。」




ワカ(・・・・クマになりたかったんだけど・・・・・)







フローリアン「部屋に連れて帰ってもいいよね。」
ワカ「でも俺と寝るんだぜ。」
フローリアン「だめだめ。僕と。」

ワカ(・・・この際、わざと主語変換して勘違いしておくっ!!(泣))


いつも通りの展開です。m(__)m