2013/11/08
永遠と君

ローマン
「『永遠』について考えすぎて
余計に考えがまとまらない。
どうしたらいいかなぁ・・・・。」

マーロン
「そんな時のためにボクがいるんだよ。
なんでも相談してよ。」

ローマン
「君のことで悩んでるんだけど。」

マーロン
「悩むってことは、やっぱり
望んでいないってことなんだよね・・・・。(ぼそ)」

ローマン
「そうじゃなくて。」

ローマン
「とても大切なことだから、ちゃんと考えてる。」

マーロン
「考えすぎると直感が鈍るよ?」

ローマン
「・・・・・直感か・・・・。」

マーロン
「・・・ぐるぐる考え始める前は、一体どう思っていたの?」

マーロン
「・・・・・って・・・今さら訊くのも怖いんだけど・・・・。」

ローマン
「何も考えてなかった。」

マーロン
「〜〜〜〜〜〜〜〜〜。」

ローマン
「『永遠』について、だよ。」

マーロン
(もう〜〜〜〜!ローマンったら!!この際、
強行手段でガブっといってやろうか!!)

マーロン
「ローマン、あのね・・・」

ローマン
「君っていつまでも制服、似合うよね。」

マーロン
「え。」

マーロン
「いつまでもって・・・僕はあの頃から変わってないもん。」

ローマン
「そうだよね。」

マーロン
「・・・・・・・・・・・・・・・・。」
マーロン
「ローマン、あのさぁ、君って『永遠』を
望んでいないわけ?」

ローマン
「いいや。」

マーロン
「?????」

マーロン
「・・・・・・・・・・拍子抜けした。」

ローマン
「なんで??」

マーロン
「何か言い訳が返ってくると思ってた。」

ローマン
「思い込みだよね。」

マーロン
「・・・・・・・・・じゃぁさ、もう一つ訊くけど・・・」

ローマン
「一つだけならね。」

マーロン
「僕と一緒にいるのはイヤ?」

ローマン
「いいや。」

マーロン
「僕と永遠にいるのは・・・・。」

ローマン
「一つだけって言ったよ。」

マーロン
「ローマン、ズルイ!!」

ローマン
「僕が自分でも出せない答えを
君に返すことなんてできないよ。」
マーロン
「ローマン・・・・・・・・。」

ローマン
「だって、そうでしょ。
怒ったってダメだよ。
僕にもどうしようもないんだから。」
マーロン
「ローマン・・・・・君を落とすには
相当、時間がかかりそうだね。」

ローマン
「そうでもないよ。」
マーロン
「また、そんな思わせっぷりなんだから!!」

ローマン
「本当のことだよ。」
ローマン
(だってもう十分落ちてると思うんだよね。)