◆月の宵宮◆
2012 Christmas 企画
<2> 4コマの物語作り応募作品
<お題3> ルシファーとメフィストの会話 by 池乃かえる様
ルシファー
「おやメフィスト、ここにケーキがなかったか?」

メフィスト
「(ギクッ)サ、サア…見なかったけど」
ルシファー
「そうか。
子天使達が、仲違いするケーキで悪戯しようと
相談していたから気を付けるんだぞ。
食べて10分経ったら、側にいるヤツと大喧嘩だそうだ。」

メフィスト「(マズイ、あと1、2分だ…)」
ルシファー
「ところで、一緒に…」

メフィスト
「あ、ちょっと用事が!」
メフィスト
「…山へ芝刈りに…」

ルシファー
「こんな時間に?」
ドッキ〜ン!
そそくさ
なんとも子天使たちらしい悪戯ですね★
そして後ずさりしながら逃げていくメフィストが目に浮かびます。
大喧嘩は回避できそうですが、あとでルシファーに叱られそうです(笑)
(いかにもメフィストらしい・・・タイミングの悪さも・・・(笑))有難うございました!
<お題1> ゴードン先生とシャルルの会話 by れあちいず様
ゴードン先生
「(この子を見るたびに、誘惑に駆られる・・・。
この髪の毛を、落ちつかせてみたい!!)」

シャルル「先生、何か御用ですか?」

ゴードン先生
「ねえ、君。たまにはイメチェンなんてどうかな?
そう、さらっさらストレートヘアとか!
きっと似合うと思うのだが(さりげに櫛を用意)」
シャルル
「先生みたいな?それもいいですね。
じゃあ先生は僕みたいに、くるっくるの跳ね跳ねイケイケスタイルで華麗にイメチェンってことで。
きっと良くお似合いです」
ゴードン先生
「おっと、職員会議を忘れていた!
すまないが失礼するよ!」

シャルル
「それは残念ですね」

ゴードン先生の逃げ足が速いのはダンディ先生譲りでしょうか。(笑)
シャルルのウィッグは確かクリス3rdのものだったと思うのですが
・・・ということは、これは本来ルシファ−用だったのですね!!(笑)
ウィッグ難民のゴードン先生にコソリと試してみたいと思います。
有難うございました。
<お題2> ノワール社長とサハルの会話 by れあちいず様
サハル
「社長、粉が下に・・・」

社長
「こな?(ああ、灰のことか・・)
灰皿が見当たらんな。まあ別に構わん」
サハル
「私の手に、どうぞ」

社長
「は?!」

サハル
「ですから、私の手を皿代わりに」

社長
「熱いだろうが!」

サハル
「大丈夫です。熱くありません」
サハル
「一度・・・ためしてみたいと思っておりました」
社長
「いや、俺はそんな趣味は・・・(M、なのか・・・?)」

サハル
「そうですか・・
(どんな味がするのか、試食してみたかったのに)」
サハル、確かに若干Mっぽいです。(笑)
しかし社長はみんなが思っているよりずっとストイックなようですね!!(笑)
サハルの試食が叶わなくて残念!!ご投稿有難うございました♪
<お題2> ノワール社長とサハルの会話 by T様
サハル
「ご主人様、折り入ってお話が・・・」

社長
「なんだ?」
サハル
「今宵はクリスマス。私の部屋へお招きしたいと
思いまして・・・。」

社長
(たしか洞窟住まいだったな?)
「いや、俺は人間だし寒さに弱いので
遠慮しておこう。」
サハル
「冷暖房完備ですよ。
ご主人様が与えてくださった部屋ですから。」

社長
「(俺が洞窟を?)
いや、やはり遠慮しておく。
クリスマスは忙しいのだ。」

サハル
「それは残念です。
(何故クリスマスは休日なのに忙しいのだろう?)」
↓忙しすぎてすっかり忘れている
サハルは降臨時は洞窟住まいでしたが、社長がサハルのために塔の66階に部屋を用意したのですが
(仕事が?)忙しすぎて忘れているあたりが、いかにも社長っぽいです(笑)(覚えていてくださった投稿者様に感謝♪
そして魔物ゆえ世間知らずっぽいサハルもサハルらしいです!!有難うございました!!
<お題2> ノワール社長とサハルの会話 by 剣次郎様
社長
「俺のそばに立つな!」

サハル
「何か私が粗相をしましたか?ご主人様」
社長
「お前と俺とでは身長差がありすぎる。
 これではどちらが主か傍目からだと分からん」

サハル
「・・・と、申されましても・・・」

社長
「お前、魔王だろう?
 魔力で俺の背を伸ばすとか出来んのか?」
サハル
「魔力など使わなくても。
 ご主人様の両足の骨を折らせていただいて、
引っ張って伸ばせば自ずから背は伸びます」
社長
「・・・いや、お前が魔力で小さくなれ。
 (痛いのは御免こうむる)」

サハル「努力します」
SD13少年とMegaGEMでは体格差が明らかですね!
そのうちMegaボディを乗っ取ってみたいものですが、高級な3ピーススーツが合わなくなるのが
残念だそうです。(笑)しかしサハルはとってもデインジャラス・・・(笑)ご投稿有難うございました!!
<お題2> ノワール社長とサハルの会話 by まゆ様
サハル
「社長、アシュトレト公爵が
私にイジワルをするのです。」

ノワール社長
「は?」
サハル
「クリスマスとは一体何なのか?と
たずねても教えてくれません。」

ノワール社長
(そりゃそうだろうな。)

サハル
「聖書を読めといわれましたが・・・。」
サハル
「私は魔物。
聖書には触れられないのです。」
ノワール社長
「聖なる話を知る必要がないのだろう。
ならばクリスマスもお前には関係ない。」

サハル
「でも大勢の人がプレゼント交換したり
クリスマスツリーを飾ったり
クリスマス料理を食べたりしているので・・・。」

ノワール社長
「要するにクリスマスが楽しそうなのだな。」
今年もひっそりと魔物多数の宵宮城のクリスマスデーが過ぎていきましたが、
楽しみにしていた魔物がいたとは!(笑)(しかも魔王・・・)
来年は魔物メンバーも交えてパーティーしてみようかと思いました。
ご投稿有難うございました。
用意させていただいたお題に、皆様にセリフを入れてもらいました☆
それではどうぞ〜!!
風変わりな企画なのにご参加くださいました皆様、有難うございました!
また機会があればやらかしてみたいと思いますので、その時には是非遊んでやってくださいませ♪
有難うございました!!