2011/06
ミッションインポッシブル??

ノワール社長
「なんでこんな辺境まで俺が
出向かなきゃならんのだ?

まぁ、龍月にとっても同じだろうが。」

於・Amsterdam

ノワール社長
「単独で会おうということだが
一体、何を企んでいるのだろう?」

ノワール社長
「別に恐くもなんともないけどな。
相手は、たかが人間だ。」

ノワール社長
「・・・・・・・。」

ノワール社長
「だんだんと雲行きが怪しくなってきた。
嵐にならなければいいが・・・・・・。」

ノワール社長
「・・・・誰かのセリフのようで
我ながらぞっとした。フン。

さすがに、あいつも
ここまでは出てこないだろうな。」

ノワール社長
「さて・・・・・・・行くとするか。」

ノワール社長
「待ち合わせ場所は、あの建物の向こうか。
早めに出よう。」